知的なぽっちゃりメガネ女子と念願のハメハメに成功!

YYC体験談

知的なメガネ女子と出会ったのはYYCというサイト

メガネフェチの僕は、メガネをかけた知的な雰囲気の女性を見ると、つい興奮してしまいます。いつかメガネをかけた知的な女性とメガネをかけたままで、ハメハメするのが僕の長年の夢でした。

それもぽっちゃりした体型ならなおグッド!


そしてその長年の夢が、出会い系サイトでついに叶えることができました。これからその知的なぽっちゃりメガネ女子との体験談を紹介したいと思います。


出会い系で使ったのはYYCというサイトです。このサイトはあのミクシィーグループが運営していて、20代後半から30代半ばの真剣にパートナーを探している女性が多くいます。

YYCで何気なくプロフィール検索をしていると僕好みのメガネ女子が見つかりました。その女性はミントという名で、プロフィール写真をみるとメガネが良く似合っています。
YYC体験談
芸能人でいうなら野呂佳代さんがメガネかけた感じです。笑

ミントさんのプロフィールにはこう書いてありました。

感性豊かな人が好き。基本明るいですが、落ちる時もあるので面倒臭がらない人が好き。言葉遊び出来ちゃうくらい大人な人だと尚好き。
知識豊富な人だと泣いて喜びます。多分。仕事柄話すことは得意ですが深く付き合うと素が出てくる残念系です。

これを見れば軽いノリで行動するタイプじゃないのはわかります。絶対に文系のインテリタイプです。

「めっちゃタイプじゃん!」

僕はミントさんにメールを送りました。


ここで注意しなければならないのは、このタイプに軽いノリのメールを送ってもシカトされるだけです。僕は自己紹介とミントさんのプロフィールを見てどこが気になったかということ、そして知的な女性がタイプだとメールしました。


次の日にミントさんから、「プロフィールを見たけど、面白そうな方ですね。よかったらメールしませんか?」と返事がきました。


ここであなたにアドバイスです。出会い系においてプロフィールは物凄く大切です。まず女性は相手がどんな人かプロフィールでチェックしますからね。絶対に手を抜いてはいけません。


ほとんどの男性はプロフィール作成をないがしろにしています。見ていてもったいないです。逆に言えばプロフィール設定に時間をかけて作りこめば、それだけでライバルに1歩も2歩もリードすることになります。

それからミントさんと1ヶ月ほどメールのやり取りが続きました。ちなみにミントさんは、学校関係の事務職員でした。


ここ数年は、男性と出会う機会もなくて、寂しい思いをしていたらしい。ストレス発散もあり、出会い系で知的な男性を探していたそうです。


知的な男性….すみません。僕はそれほど知的じゃですけど…。でもメガネ女子をヒーヒー言わせる夢をかなえるため頑張るぞ!

ミントさんとのメールをやり取りして、お互いの距離も縮まってきたし、職場も同じ千葉市なので「今度仕事帰りに食事でもしよう」とついにアポに成功!

実際にぽっちゃりメガネ女子に会えた!

実際に会ったミントさんは、ロングの髪をかっちりとまとめ、知的なメガネ女子そのままの女性でした。そしてなによりメガネがよく似合う。

「それじゃこの近くに美味しいお店があるので行きましょう。」


予約していたレストランで、牛フィレ肉のステーキを堪能しました。お肉が食べたいとミントさんが言っていたので、めっちゃ高いけど、念願のメガネ女子ですから奮発しました。

ワインも飲みながら、ミントさんと楽しいおしゃべりが続きました。

ちょっと酔っちゃったみたい

ミントさんはお酒は好きだけど、それほど強くないと言っていた通り、ワインを3杯そこそこなのに、顔が赤く火照ってるのがわかります。


「店を出て酔い冷ましに少し歩きますか?」

レストランを出て歩くとミントさんは僕にしなだれるように寄ってきました。僕はミントさんの腰に手をまわし、顔を引き寄せキスをしました。

ミントさんは抵抗せず、受け入れて舌をからめてきます。僕もミントさんの口の中に舌を入れて応戦します。

ミントさんの口から熱い吐息が…「ああんっ..はぁはぁ…

もう僕のチンポはカチカチに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまいました。

ぽっちゃりメガネ女子とホテルへ

「ホテル行こう」

もう短刀直入に言うとミントさんもメガネ越しに瞳をうるうるさせながらコクリとうなずきます。



ホテルの部屋に入るとずっと我慢していたエロの欲望が大爆発です。ちんぽを勃起させていた僕はミントさんに飛びつき、ベッドに押し倒しました。

服の上からおっぱいをもみもみして、唾液べったりのキスをしまくります。

あんっ!いやん…はぁ..はぁ..

ビンビンに勃起したチンコをわざとミントさんの太ももに押し当ててみます。

んふ・・・うン・・・はぁ・・・すごい..おおっきい…

YYC体験談

メガネをかけたミントさんの表情がちょっと上気していて、たまらなくエロイ。ミントさんの服を脱がし、ブラを取ってみると想像以上の美乳があらわれた。

YYC体験談

ふわふわのマシュマロみたいな美乳は触り心地も最高で色が透き通るように白くていやらしい。薄いピンクの乳首に吸い付き舌でレロレロして、もう片方の乳首を指で軽くつまんでみる。

いやんっ!あぁぁぁ…

パンティのなかに手を入れ、ワレメを触ってみると…もうぐちょぐちょの大洪水です。

「すごく濡れてるよ。」

いや。言わないで!!

ミントさんのパンティを脱がし、太もものガードを受けながらも強引に体を入れ、クンニします。

やだっ…シャワー浴びてないし…汚いよぉ…いやあぁぁぁん

ワレメを舐めながらミントさんの顔を見ると、メガネはしているけど知的さは微塵もなく、快楽によがっているだけのメスの顔でした。俺はそれを見てますます興奮し、べチャべチャとクンニをしつこいくらいに続けます。

もう..おかしくなりそう….早くおちんちん入れて…ください….

瞳をトロンをうるませ、おねだりするミントさんの顔がかわいい。

「バックでしようよ。四つんばいになって」

ミントさんを四つんばいにして、お尻をつきだすように要求。
そして僕は何も着けずにちんぽを挿入しました。

ああんっ!

ミントさんが体をのけぞらせて、嬌声をあげます。

メガネをしているミントさんの顔がみえないのは残念だけど、夢が叶った瞬間に大満足です。

ミントさんの腰をつかんで、パンパンと激しく腰を打ち付けます。

いやぁぁぁん….気持ちいいぃぃよぉぉ…

僕がズンっと突くたびに、ミントさんは喘ぎながら体を震わせます。気持ちよすぎるのか四つんばいの姿勢が保てなくなったので、僕は一度アソコからちんぽを抜きました。

ミントさんはもうぐったりです。重そうな体をあおむけに寝かせて、今度は正常位で挿入。

ああぁぁぁんっ!

ミントさんが悦びの声を上げながら僕にしがみついてきます。

いやっ!イク!イっちゃうよ….

ミントさんのアソコがギュっと締まり、僕も気持ち良くなってきました。

「やばい…出る…」

ミントさんのアソコからちんぽを引き抜きお腹の上に精子を発射しました。見るとミントさんのメガネにも精子のしぶきが….

YYC体験談

そんなわけで今ミントさんは僕のセフレの一人になっていて月に1回は会ってセックスしています。


↓↓↓ぽっちゃりメガネ女子と出会ったのはこちらです↓↓↓

↓↓↓登録するだけでメール送信6回分のポイントゲット!↓↓↓
ワイワイシー≪18禁≫

もらったポイントだけで女性とタダで会えちゃうかも?