生保レディをしている熟女の人妻とセフレの関係を継続中です。

出会い系サイト

生保レディをしている熟女の人妻と出会い系サイトで出会った

本サイトに寄せられた北海道在住のTさんの体験談をご紹介します。


出会い系サイトで知り合った人妻のあかねさん(40歳)は普段、生保レディの仕事をしているという。このあかねさんとは、半年前にPCMAXという出会い系サイトで知り合い、月1回ぐらいセックスしているセフレの1人です。



生保レディってよくアダルトビデオで、契約取るために色仕掛けでセックスしたりするけど、話を聞くと実際はそんなことはないみたい。そりゃ当たり前だよね。年間10万、20万円ぐらいの掛金を取ったからって報酬なんて微々たるもの。


そんなんで好きでもない相手とセックスなんてするわけがないということです。あるとしても大企業の責任者に枕営業をして大口契約を取った人がいる…なんて話を聞いたことがあるくらいだとか。

夢がなくなるので聞かなければ良かったかなとちょっと後悔。


そんな事より、あかねさんは結婚しているのに何で出会い系サイトに登録しているかというと、年下の男性が好きで探していたんだそうです。旦那は50代で、性的に全く魅力を感じてなくて夜の営みもここ何年もないという。


たまに、ムラムラしたときに若い男とセックスがしたくなるので、都合の良いセフレを見つけていたところ僕と出会ったというわけ。

生保レディをしている熟女の人妻からエッチしたいと呼び出しが・・・

いつものようにあかねさんから呼びだしの電話が掛かっている。

今から会えない?あまり時間がないけど…ゴメンね


あかねさんは仕事中でも、ムラムラしたときにエッチをしたくて僕を呼び出す。僕は不真面目な学生なので大学にもたまにしか行かず、家でごろごろしているだけだったのですぐに待ち合わせ場所に向かった。



あかねさんと一緒にホテルへ行き、部屋へ入ると勢いよくキスをしてきた。舌と舌が絡み合うねっちょりした、激しいキス。


あかねさんは、すぐに服を脱ぎ、愛液でぐっちょり濡れているパンティも脱ぎ捨てた。

そしてベットの上に横になり、股を広げてアンダーヘアが黒々したおまんこを僕に向ける。指でビラビラを広げ、中のサーモンピンク色のおまんこを露出させ…

ここを舐めてちょうだい。

僕が剥き出しになったおまんこに舌を這わせると、あかねさんは、

あああっん….気持ちいいぃぃ….。

体をのけぞらせて悦びの声をあげる。


なめればなめるほど、あかねさんのおまんこは泉のように愛液が溢れ出てくる。膣のなかに指を入れると、指に膣ヒダがネチョネチョからまってくるようだ。


あかねさんは四つんばいの姿勢になり、お尻をつきだして

ね..ねえ、早くおちんちんを入れてちょうだい!


あかねさんは、俺におねだりをして尻を左右に振る。僕は、先走り汁のしたたるチンコを膣の入口にあてがった。


ああぁぁん…早く入れてぇ…お願いぃ…。

出会い系サイト

ズブッとチンコ入れると、

ああぁぁん…



あかねさんは悦びの嬌声をあげ、キュッキュッとあかねさんのおまんこが僕のチンコを締め付ける。チンコを動かさなくても、ジュクジュクのおまんこの締めつけで凄い快感なので、すぐに射精しないよう、しばらく静止した。


ん…おっきくて固いおちんちん、おいしいよぉ…。

腰を動かさない僕にじれたあかねさんは、自分で腰を振りだし、僕のチンコをより深く味わおうとする。

僕もようやく腰を振りだし、あかねさんの弾力のあるお尻にパンパンと打ちつけるが、すぐに猛烈な射精感がやってきて、あっという間に精子を放出してしまいました。


その後、あかねさんのおまんこを手マンしてイカせたあと、すっきりした顔であかねさんはまた仕事へと戻っていきました。


↓↓↓生保レディの人妻あかねさんとはココで出会いました↓↓↓

↓↓↓登録するだけでメッセージ20回分のポイントゲット!↓↓↓

>>PCMAX(18禁)の無料登録はこちら

20回もメッセージを送ったら、間違いなく1人の女性とはタダで会えちゃう!