『たくさん舐めて欲しい!』アナル好きの変態バツイチ女を舐めまくってご奉仕!

出会い系 体験談

舐めるのが好きな僕がパートナー探すのはいつも出会い系サイト

本サイトに寄せられた東京都在住のUさんの体験談をご紹介します。


初めまして東京都に住むUといいます。
僕は、変態なドMで女性のアソコを舐めるのがたまらなく好きなんです。


だから出会い系サイトでも、舐められるの好きな変態の女性を探しています。
今回もPCMAXを通して明美さん(30歳、営業職)というバツイチの女性と知り合いました。


PCMAXの掲示板に「舐め犬として使っていただきたいです」というタイトルで投稿したところ、
舐め犬、興味あります。お話聞きたいです。」とメッセージをくれたのがバツイチの明美さんでした。


僕が「クンニがお好きなんですか?」とメッセージを返したところ

クンニも好きですが、アナルをたくさん舐めてほしいです」とかなりの変態な明美さん。

「アナルですか!たくさん舐めさせていただきたいです。。」とのメッセージに

顔面騎乗で舌や鼻にアナル押し付けたいんです。」と明美さんは本格的な変態です。

ドMであり、お尻フェチの僕としては、これ以上ないご要望でした。他にも


顔面騎乗では腰動くと思うのですいません

多分自分も舐めたくなると思うのですが、その時は舐めてもいいですか?

などのメッセージをいただき、かなりエッチに積極的な印象を受けました。


ただし、メッセージのやり取りは過激でも、直ぐに会えるかというとそうではありません。
まずは精神的に何度もセックスをするかのように、メッセージのラリーを続けます。


バツイチの明美さんとは、1日1通くらいの頻度でやりとりしましたね。

ついにバツイチ変態女のアナルを舐める時が来た!

そして、最初のメッセージから2ヶ月くらいたってから、やっと会いましょうかということになりました。


待ち合わせは新宿のアルタ前。

もう着いていますよ。

という1通のLINE。


見渡してみると黒の上着を着ている、髪の長い女性。

「明美さんですか?」

はい、Uさん?


明美さんは、エロいフェロモンが出まくっている…化粧品売り場にいそうな感じの女性でした。

とりあえず喫茶店に入り、少し雑談を。
その後互いの了承を得て、ホテルに移動することに。


入室後は、別々にシャワーを浴び、僕は着衣、明美さんはバスタオル姿でベットイン。

「どうしましょうか?」

お任せします

「なら僕の顔に跨ってください」


最初から顔面騎乗でご奉仕させていただきます。
正面向きで僕の顔にまたがり、鼻にクリトリスが当たるような位置に腰を下ろす明美さん。


気を使っているのかそこまで体重は感じません。優しく秘部に舌を伸ばしたところ

ひゃっ!


と声をあげる。すでに少し濡れており、舌先で大唇陰を優しくなぞります。

次第に息が荒くなり、明美さんの愛液で顔が濡れてきます。


顔に体重をかけてきて、徐々に腰が動き始めます。腰を振り始め10分くらいしてから、

あっ、あっ、イキそう・・・イクッ・・・・、あー、イクッ!!

細かい痙攣と共に果てた明美さん。


ただまだ満足されていない明美さんは、

次はお尻舐めて・・


アナル舐めが好きな変態の明美さん。


出会い系 体験談

アナルの周り、蟻の門渡りを舐め、アナルに舌を入れる。
おまんことアナルを同時に刺激されることで、再度激しい喘ぎ。


あっ、あっ、イイ・・・、お尻イイ・・・もっと舌硬くして・・・、あぁ・・

再度絶頂を迎えます。


ちょっとした小休止の後、明美さんは四つん這いになりアナルへのご奉仕。

変態の明美さんいわく、この体勢が一番舌が入るとのこと。
僕も年下の子のお尻に顔を埋めているという、背徳感や屈辱的な気持ちに興奮してきます。


四つん這い奉仕後、69の体制になり、僕のものを優しく撫でてくれます。
再度お尻を顔に向けた顔面騎乗の体制になり、明美さんは僕のを激しくしごいてくれてフィニッシュ。


お互いにぐったりしていたため、口数が少ない状態でそれぞれ帰宅。


帰宅後、明美さんからLINEをいただき、

今日はありがとうございました!あんなにお尻舐められたことなかったので気持ちよかったです!!また舐めてくださいね!


バツイチで変態の明美さんとは今でも続いており、定期的にご奉仕させていただきております。



↓↓↓登録するだけでメッセージ20回分のポイントゲット!↓↓↓
>>PCMAX(18禁)の無料登録はこちら

20回もメッセージを送ったら、間違いなく1人の女性とはタダで会えちゃう!

関連記事はこちらです。