人妻と出会うにはPCMAXが一番!攻略法と体験談

東京都在住 20代 Uさんの体験談

PCMAXを使えば出会える

PCMAX

本サイトに寄せられた東京都在住のUさんの体験談をご紹介します。


PCMAXを主に使っています。PCMAXを数ある出会い系サイトの中から選んだのは、いくつかの理由によります。いきなりPCMAXを選んでこれが一番だ!と思ったわけではありません。むしろ手痛い失敗を経て、PCMAXに辿り着いたというのが本当のところです。


いろいろな出会い系サイトを利用してみてわかったのは、世の中には”出会い系サイト”と”出会えない系サイト”しかないということでした。運悪く出会えない系サイトに登録してしまうと、いくら頑張っても出会えないことを経験で知ったのです。高い授業料でした。


出会うためには出会い系サイトに登録するしかない。では、出会える出会い系サイトとは何なのか?答えは、大手でかつ老舗で、女性は利用が無料で出来ても男性は有料であり、女性の登録会員の多いサイトです。この条件をクリア出来るサイトはいくつもありません。


片手程度の選択肢の中から私がPCMAXを選んだのは、掲示板が充実していたからです。まず何より掲示板の種類が多く、しかもそのどれもが賑わっていて、新しい書き込みが次から次です。それだけ登録会員の中で実際にアクティブ状態の女性が多い、つまり出会える!と確信したわけです。


この狙いは的中でした。それから私はPCMAXの掲示板を使って何人もの女性と実際に会うことが出来、待望のエッチもわけなくこなせるようになったのです。かつて、何も知らずに出会えない系サイトに登録して、時間を無駄に使ったことを思うと、まるで天と地ほどの違いでした。


何のことはありません。出会い系サイトを使いさえすれば、誰でも出会えます。その出会い体験に関して、私のPCMAX利用法と実際に生起した印象的な出会いについて、ご紹介させていただきます。是非参考にして、素敵な出会いを見つけていただきたいと思います。

女性にとってスポーツはセックスの匂い だからプロフはスポーツマン

PCMAX  体験談
出会い系サイトを利用するに当たって、絶対にしなくてはならない作業に、プロフィールの作成があります。ここで趣味はまず、何でもいいのでスポーツ系にしておくことをお勧めします。


出会う目的がお茶のみ友達なら、それこそお茶とでもしておけばいいのかもしれませんが、出会った女性と大人の関係になることを求めるのであれば、暗にセックスに強いことをアピールしておく必要があります。女性がスポーツから連想するものは、男らしさ、爽やかさ、フレンドリーな気質、そしてセックスです。


露骨にセックスに強いことを書けばかえって、女性に引かれてしまうことは間違いありません。そこは出会い系サイトに登録しているといっても、相手は女性です。さりげなくセックスに強いことをアピールする方が効果的です。

写真は一人では写らない

写真は載せないなら載せないで構いません。それでも女性と知り合うことが出来るのもまた、出会い系サイトのいい点です。しかし、プロフの希求力を高めるためには、写真は載せておく方が絶対に有利です。


初対面の人を写真で見る場合、別の第三者の視線や仕草などが、いい印象を与えたり逆に、あまりよくない印象を与えたりします。女性が出会い系で相手を探す際、その相手が既に別の女性から好意を示されていることがわかれば、女性とすれば安心してアプローチがかけられます。


心理学的に見ず知らずの相手から信用を得る一番いい写真は、数人で写った写真のほぼ中央にあなたが立ち、すぐ脇の女性が少しあなたの方を向いた姿勢で、軽くあなたの肩に手を掛けて親しげに微笑んでいるようなシチュエーションがベストです。


また、友達と写った写真も効果的です。何故なら、友達がいる人だということはそれだけで信頼に値しますし、魅力的なパーソナリティを印象付けることに成功しやすいからです。


逆に、セックスに強いイメージを出したいあまり、上半身裸の写真なんかをいきなり掲載するのはあまり勧めません。先にもいいましたが、出会い系でもあまりに露骨すぎた表現は最初は引かれやすいからです。親しくなってからなら構いませんが、プロフ段階では出さないようにした方が無難です。

準備が出来たら狙うは人妻、それも30代!

かくて準備が整ったらさっそく、PCMAXの運用開始です。この段階では各自の嗜好、性癖による特異な行動に出るのが普通ですし、またそれが出来るのが出会い系サイトのいいところですが、私は単に自分の嗜好はもちろんですが、やりやすさ=セックスのしやすさを加味してターゲットを抽出ました。


まず嗜好でいうと私には元来、マザコン気質があります。それで熟女の包容力にはいつも魅力を感じていました。それと同時に、人妻に対してはいやらしさを子供の頃から感じまくっていました。友達からそれに関して助平だねと言われたこともありました。つまり人妻う熟女が一番の好みです。


人妻・熟女でもPCMAXではカテゴリー検索の対象になり得ますがさらに、30代を追加しているのは、嗜好もさることながら誘いやすさです。つまり見つけやすい、見つければ会いやすい、会えばほぼ確実にすることが出来る。それで30代の人妻を狙うことにしたのです。

30代の人妻が狙い目な理由

30代の人妻が狙い目なのは何もPCMAXだからというわけではありません。この年代の女性の体は生涯でもっともセックスを欲しているから狙い目なのです。というのも、20代で結婚をすると、30代にはだいたい出産を済ませています。つまり、体の方も旦那に開発されていつでもスタンバイ出来た状態です。


ところが肝心の旦那はというと、奥さんが如何に美人でもいい加減毎日では飽きが来ています。早い夫婦は既にこの年代でセックスレス化しているケースも珍しくないんです。そうなると可哀そうなのは構ってもらえず体を持て余すしかない奥さん。つまり30代の人妻です。


旦那の方は外で遊べるだけに、日ごと人妻のストレスは募るばかり。かといって身近に癒してくれる人もいないとなれば、フラストレーションはマキシムまで高まります。なにしろ体の方はセックスをしたくて仕方がないわけですから、その苦悩たるや男には理解できないくらい激しいのが通常のようです。


世の中にはこうした30代の人妻が充満状態です。しかし、世の中に如何にそうした欲求不満の人妻がたくさんいても、知り合えなければ意味がありません。一人一人に聞いて回ることは不可能ですからね。そこで出会い系サイトの出番となるわけです。人妻でありながら出会い系サイトに登録しているということは、欲求不満だからです。


出会い系サイトに登録をしているというだけで欲求不満であることの見分けがつきます。30代の人妻にとって出会い系はリトマス試験紙みたいなものです。登録しているということはセックスがしたいということです。もちろん出会い系に登録している人妻でも女性ですから、露骨にセックスしたいとは絶対に言ってきません。


ですが、登録していることは=セックスをしたいからなわけですから、人妻が何を言っていようと気にすることはありません。趣味の友達が欲しいとか、最初はメールだけとか、何を書いていても注目すべき点はそこではありません。気にするのは30代かどうかです。出会い系に登録している30代の人妻なら必ず出来ます。

態度の悪い人妻と知り合う

いつものように昼休み、PCMAXの掲示板を眺めていました。狙いはもちろん30代の人妻です。すると、若葉マークの新人人妻が見つかりました。見つけた瞬間思わずサオがしなりましたね。なにしろ年がおあつらえの34歳。この年齢だけで、やりたい盛りであることが、はっきりしているわけです。


ちなみに掲示板はピュアを使います。アダルトは滅多に使いませんね。アダルトの方はどうしても援交とか業者さんが多いので、すぐやりたいときは便利ですが、私は普通の素人と楽しみたいので、多少時間がかかってもピュアにいる素人の人妻を釣り上げるようにしています。


千葉にお住まいの由希子さんは、実家の仕事を婿さんの旦那と一緒に切り回す準キャリアウーマンみたいな人で、メールの内容も半分は家業の仕事にまつわるものでした。端的には旦那の愚痴をいうわけです。子供の頃から家業に親しんでいた由希子さんにとって、入り婿の旦那は頼りなく見えるらしい。


逆に言えば、自分で家業は持ってるんだみたいな、自負心ものぞいて見える人で、相当の自信家でした。それで、はなから出会い系サイトをバカにしてる感じですから、当然それを使っている私もバカにされた感じでした。しかし、それでも私が食いついたのは、由希子さんが34歳だからです^^


こういうとき、出会い系を使うにしても原理原則を押さえてかかることが如何に大事かを思い知ります。医学的に34歳の人妻はセックスをしたくて仕方がないことが分かっています。しかも、旦那をバカにしているわけですから、夫婦仲もうまく行ってないことは容易に想像されます。


だからこそ出会い系に登録したのであれば、どれほど高飛車であれ、やれるに決まっていますから、これを逃す手はありません。それに、そうした女はえてして女としての質がいいのが通り相場ですから、少しくらいバカにされても損して得とれです。ともあれそういう気持ちで相手をしました。

二股三股掛ければ誰でも相手が出来る

由希子さんとのメール期間は半年に及びました。もちろん常にコンタクトを取り合っていたわけではありません。むしろ、プッツンされてしまうことの方が多かったので、半年間で交わしたメールの本数はあとで数えると20回程度ですから、ポイント消費はコスト的に負担になるレベルではありませんでした。


よくこんな人の相手をしたなと、自分で自分を誉めてあげたいくらいですが、それは先に繰り返し書いたように、由希子さんが34歳の人妻だからです。やれることが分かっていさえすれば、やれちゃうんですね^^


ただ、その間別の女性を開拓しなかったかといえばまったくそうではなく、何人もの人妻をPCMAXで口説いてました。早い人はその日のうちに会えましたし、遅くても10日前後でアポにこぎつけ、会えばほぼ10割の確率でホテルに行ってましたので、由希子さんは文字通り例外中の例外だったわけです。


逆に言えば、いくらやれることが分かっていても、まさか由希子さんみたいな人だけを半年間追い続けるなんてことは、よほどの物好きか聖人君子みたいな人でなくては出来ない相談です。つまり出会い系を楽しむには、二股三股を平気で掛けることに要諦があると思いますね。


やはりネットはどういう人が出てくるか分かりません。一人に入れ揚げて会いに行ってビックリ!みたいなことにならないようにするためにも、同時並行でいろいろな相手を物色してリスクをヘッジしておく工夫は要ります。でないと立ち直るのに時間がかかるのと、場合によっては出会い系なんか辞めちゃおうって事にもなりかねません。

ようやく決着が見えてきた

2ヵ月半ほどプッツンしていた由希子さんから久方ぶりにメールが届いたのは、街にクリスマスソングが流れ出す季節でした。ファーストメールは梅雨が明けるかあけないかの時期でしたから、早半年が経とうとしていた頃です。正直その頃にはもう、由希子さんのことは半ば忘れていました^^


そもそもなんでメールが2ヵ月半もの間途切れてしまったのか、何故プッツンしなくてはいけなかったのか、何もかもこちらとしては心当たりがないことばかりですからわけが分かりません。とにかくそれでもまるで何事もなかったかのようにメールを再開してくるのが、由希子さんのすごいところなのです。


ところが、その時ばかりは以前とは様子が少し変わっていました。メールの文面に人間的な文言が見出せるようになったことです。それまでは人生には何も望まないとか、お金を稼いでも空しいとかいつも冷めた口調で淡々と出会い系をバカにしながら私をもてあそんでいた由希子さんが、「最後に求めるものは人肌ですか?」と書いてきたのです。


「それ、オレに求めてる?」と聞き返すと、「バカじゃないの。人間全般をいっているのに」とまたバカにされましたが、半年に及んだふざけたメールもいよいよ終幕を迎える時が来たんだなと感じました。会ったことのない由希子さんを想像して、チンポがしなりました。

待ち合わせ場所に立っていた美人にドッキリ

メールし出した当初あれほど拒まれたLINEの番号も難なくゲットすることが出来ました。携帯の声を初めて聞いたとき、これは「いい女だ!」と確信しました。言葉使いが丁寧なだけでなくしとやかで、メールでの投げやりな感じなどどこにもなかったのです。


クリスマスデートの提案はすぐ、受け入れてもらえました。変われば変わるもんだなと思いましたが、それを浅薄だなんて思いません。由希子さんにしても、もともとがしたくて登録した出会い系ですから、その時がまさに来ようとしているだけです。それは私も同じです。ただ、だいぶ遅かったですが^^


待ち合わせ場所のアブアブには、由希子さんが先にいました。私は何事も5分前主義なので、その日も5分前に待ち合わせ場所に急いだわけですが、それよりさらに早くいてくれました。これだけでも嬉しかったですね。


しかし、何より嬉しかったのは由希子さんがものすごい美人であったことです。しかも、もろにストライクゾーンのど真ん中で、会ったばかりの由希子さんを頭の中で裸にして、これからホテルで好きなことが出来るんだと思うとそれだけで、先走り汁が出てきそうな勢いでした。


会う前に携帯で話を十分していたので、あってからは特にどこかの店に行く必要は二人とも感じず、そのまま歩いてホテル街へ向かいました。ホテルに向かう時は不思議と沈黙するものですが、携帯で話し足りなかったことをさらに聞きたくて、話が尽きることもないままホテルの玄関をくぐりました。


部屋に入るなり、しなだれるようにして抱きついて来たのは由希子さんの方でした。スレンダーでスタイル抜群の由希子さんですが、全体重がかかればさすがに重く感じられ、支えるのも大変でしたが同時に、これで由希子さんを自分のものに出来た喜びはそれ以上で、しっかりと抱きしめてそのままディープキスをしました。


5分くらい抱き合ったままキスをしていたでしょうか。その間にも人妻らしい清楚なワンピース姿の由希子さんの体からは、ほのかな香水の匂いがしてきて、背中からヒップにかけてのなだらかな体の線に沿って何度も手のひらを往復させているうちすっかりチンポも起き上がりました。


ベッドに押し倒したのは私ですが、全裸にしたあと主導権は由希子さんでした。そこでまた、30代の人妻の性欲は生涯でもっともすごいという、医学書の知識が一瞬頭をよぎりました。この人はそれをまさに実践しているのだと思うと、なんとしてでもその期待に応えたいという男としての本能が呼び覚まされたのです。


出会い系サイト
獣のようにお互いの体を求め合い一回戦が終わりました。その後シャワーを浴び結局、その日は3回戦までやって、ホテルを後にしました。駅へ向かう帰り道では幾度となく顔を見合わせ、部屋でしたことを思い出しては二人にしか分からない微笑を交し合いました。すごく幸せな時間でしたね。


それからは2,3週間のピッチで会っては、お互いの身体を楽しんでいます。間を取り持ってくれたPCMAXさんに大感謝です。

↓↓↓僕が人妻と見つけるのはこのサイト↓↓↓

↓↓↓登録するだけでメッセージ20回分のポイントゲット!↓↓↓
>>PCMAX(18禁)の無料登録はこちら

20回もメッセージを送ったら、間違いなく1人の女性とはタダで会えちゃう!